2016年11月19日

「study」と「learn」の違いは?

study learn イメージ図



study?  learn?




study も learn も「勉強する」「学習する」という意味で混同していらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
例えば「英語を学んでいます」と英語で言いたい時に、study を使うべきなのか learn を使うべきなのか悩んでしまったりしていませんか?

私ももちろん混同してしまっていた一人です。
学生時代は「study より learn の方が後で習ったし、響きも堅苦しくなくてなんだかスタイリッシュな感じがする!」という理由で、「学ぶ」系の英訳は全て learn で英作文していた記憶があります。
しかも、学校のテストではそれでをもらっていたのでなかなか間違いに気づきませんでした。



study の定義


では早速違いを見ていってみましょう。
まず、study についてLONGMAN英英辞典で本来の定義を調べてみます。

study
to learn about a subject at school, university etc

訳すると、「学校や大学などで、教科を learn すること」です。


ルー語(ルー大柴さんのしゃべり方)のようになってしまいましたが、「勉強する」や「学習する」と訳すとややこしくなりそうなので、「learn する」と訳しました。
どうやら study は learn することを目的とした行動を表しているようです。




learn の定義


では次に learn について定義を調べてみたいと思います。

learn
to gain knowledge of a subject or skill, by experience, by studying it, or by being taught

訳すると、「経験や、study すること、または教えられることによって、教科やスキル(技術)の知識を得ること」です。


learn の定義の中でも study が出てきてややこしいのですが、重要なのは「知識を得ること」という部分のようです。

study することによって知識を得た状態が learn ということなので、study 過程であり、learn 結果であると言えます。
これはさきほどの「learn することを目的とした行動」という study の定義にも矛盾はしませんね。
やはり study learn には明確な違いがありました。



study と learn の比較



定義だけでは分かったようで分かっていなかったりするので、例文をあげて考えてみましょう。
最初に言った「英語を学んでいます」を例文として両者の違いを見てみます。


例文


I study English.
私は英語を learn するために行動しています。
私は英語の知識を得るために行動しています。
私は英語の勉強をしています。


I learn English.
私は study することによって英語の知識を得ている状態です。
私は勉強によって英語の知識があります。
私は英語を学習(習得)しています。



段階を分けて訳してみました。
どうでしょうか、私達が普段使う、勉強する、学ぶという意味では study の方が正しいことがお分かり頂けたのではないでしょうか。
study がこれから学ぶ、今学んでいる最中という状態に対して、learn はすでに学び終えている、ある程度習得しているというニュアンスがあることがなんとなく理解して頂けたのではないかと思います。
まだ学習中なのに learn を使ってしまったら、すでに study は終わったんだなと勘違いされて伝わってしまうということです。





間違いやすい英訳



ここで一つ、日本語のままの感覚だと問題が発生してしまう文章を紹介したいと思います。

「私は英語を勉強したいです」

英訳できるでしょうか?
まだ学んでいない状態だし、今まで見てきた感じだと study を使うんじゃないかな?と思われる方が多いのではないでしょうか。

しかし、よく考えてみて下さい。
「~したい」という時は、言い換えると「~することを目的としている」という意味が込められていると思います。
英語を「勉強したい」と思ったとき、「勉強をする」ことを目的としていますか?
普通、「勉強する(=study)」が目的ではなく、「習得する(=learn)」を目的として勉強したいと言いますよね?

なので上の文を英訳すると

I'd like to learn English.

が自然です。

これは日本語だと「勉強したい」と言った時に、「習得したい」という意味も同時に含まれてしまうために起こってしまう罠です。

studyでも文章や文法として間違いではありませんし、意味も文脈で分かってもらえるとは思いますが、一瞬「ん?」と思われたり、意図したものとは違ったことが伝わってしまう可能性があります。
いきなりこの話をされるとこんがらがってしまいそうですが、ここまで study learn の定義の違いを見てきたので、結構すんなりと理解できたのではないでしょうか?

使い分けに注意しながら自信を持って study learn を使っていきましょう!



以上、study learn の違いについてでした。