2016年12月10日

「~などの」を英語で言うと?

英語で言うと?



~などのを英語で言うと?


日本語でよく「~などの」という表現を使いますが、英語ではなんというのでしょうか。
使い方を見ながら解説していきたいと思います。




~などの





such as ~



例文


There are many languages in the world such as English and Japanese.
世界には、英語や日本語などのたくさんの言語があります。

I like ball games such as basketball and tennis.
私はバスケットボールやテニスなどの球技が好きです。

She looks like a lot of small animals such as a squirrel.
彼女はリスなどの小動物のようです。


このように、such as は比喩ではなく、例を挙げる場合に使うフレーズです。
よく such as は「~のような」と訳されていますが(実際そっちの方が日本語的にしっくりくるケースが多いですが)、「~などの」で覚えておいた方が他の比喩表現の「~のような」とまぎらわしくなくて良いと思います。


また、such as は単体でも使うことができます。


例文


A: He is good at playing sports
      彼はスポーツが得意だよ。

B: Such as?
      例えば?

such as が例をあげるフレーズだと分かっていれば、自然な表現だと分かりますね。





また同じ「など」でも and so on は「などなど」です。


例文


There are many languages in the world such as English, Japanese and so on.
世界には、英語や日本語などなどたくさんの言語があります。


このように、あげた例の最後につけて「などなど」を表します。


混同しないように気をつけて「~などの」= such as を活用してみて下さい。



以上、「~などの」を英語で言うと?でした。