2016年11月21日

「hear」と「listen」の違いは?

hear listen イメージ図



hear?  listen?




hearlisten も「聞く」という意味合いですが、その違いはなんなのでしょうか?



hear の定義



早速 hear の定義から見ていってみましょう。

hear
to know that a sound is being made, using your ears
訳) 耳を使って、たてられた音を知ること


hear は聞くというよりは単に音が耳に入ってくるということがポイントのようです。


例文


She heard a sudden loud crash.
彼女は突然大きな衝突音が耳に入ってきた。

彼女は突然大きな衝突音が聞こえた。

Did anyone see or hear anything last night?
昨夜何か目に入ったり、耳に入ったりした人はいますか?

昨夜何か見聞きした人はいますか?



listen の定義



では listen の定義を見てみましょう。

listen
to pay attention to what someone is saying or to a sound that you can hear
訳) 誰かが話していることや、耳に入ってくる音に注意を払うこと


listen は「聞く」上で注意を払うことというのがポイントのようです。
注意を払うということはその目的物があるわけで、listen が対象への方向を表す前置詞 to と相性がよいのも頷けます。


例文


Listen! There’s a strange noise in the engine.
耳に入る音に注意を払いなさい!エンジンから変な音がしています。

聞きなさい!エンジンから変な音がしています。

We sat around listening to music.
私達は聞こえてくる音楽に注意を払いながら時を過ごしました。

私達は音楽を聴いて時を過ごしました。





まとめ



ここまで見てきた通り、単に音を拾うだけhear に対して、listen は音に対して意識を向けるという違いがあります。
つまり、hear偶発的(たまたま)に聞こえること、listen意図的に聞くことという違いがあるわけです。
日本語のニュアンスとしては hear が「聞こえる」で、listen が「聞く」ということになりますね。


余談ですが、私が学生の時分、英語の聞き取りテストのことをヒアリングと言っている先生とリスニングと言っている先生がいたのですが、聞き取るためには注意を払って耳を傾けなければならないので、リスニングの方が正しかったのだと再確認しました。



以上、hearlisten の違いについてでした。