2016年12月12日

「というか」を英語で言うと?

英語で言うと?



というかを英語で言うと?


日本語でよく「というか」という表現を使いますが、英語ではなんというのでしょうか。
使い方を見ながら解説していきたいと思います。




というか





or rather



例文


It is blue...or rather green.
それは青…というか緑かな。

We are friends...or rather best friends.
私達は友達…というか親友です。

You make me angry...or rather enraged.
あなたは私を怒らせた…というか激怒させた。





話している途中でより良い表現を見つけたときや、違う例えを思いついたりしたときに「というか」という言葉を使って補足説明や言い換えを行ったりしますよね。
それが英語では「X...or rather Y」という表現になります。
他にも表現方法があると教わったので一応ご紹介しておきますね。


他の表現


X...or should I say Y
X... hmm.. or rather it's more like Y.
X... actually it's more like Y.



言い直したりする機会は日常会話の中で結構出てくると思うので、英語版の「というか」= or rather をぜひ活用してみて下さい。



以上、「というか」を英語で言うと?でした。


↓ 息抜きに心理テストでもどうぞ! ↓

面白心理テストまとめブログ